マッサージ店員が嫌う世代

各業種店員による迷惑客のアンケートをとるとほとんどの店員さんが、30~40代のオッサンのお客様を嫌う傾向が強いようです。

お年寄りの世代も健康番組にすぐ影響される世代なのかテレビでやってた骨盤体操を教えてといったり、マッサージをせずにただの話し相手になってしまうこともあるようです。

30~40代の世代になりますと、役職が付く40代で実務は下っ端に任せており、肉体疲労よりも、板挟みによる精神疲労からの凝りが大半になっており、肉体的名凝りを改善するためのマッサージが聞かないようです。

強めにマッサージを行っても、痛いといわれ、弱くすると力が足りないといわれてしまうそうです。せ精神的な凝りが原因の方は注意が必要なようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です